オーダーポロシャツ大活用

当サイトではポロシャツをオリジナルでオーダーする事のメリットや楽しみ方、そして様々なデザインを紹介しています。
最近では有名ファストファッションの企業やユニフォーム店でもポロシャツへのロゴ転写や刺繍を行っていたり、オリジナルデザインのシャツをオーダーできる専門のショップも登場しているほど人気があるのでサークルや職場の仲間同士、そして家族で作る方も多く、さらに双子ファッションが注目されている事で友達同士で作る方も増えています。

ポロシャツのオーダーで選べるデザインとは

ポロシャツのオーダーで選べるデザインとは オリジナルのポロシャツをオーダーするメリットとしては仲間意識が高まって趣味や仕事へのチームワークが高まる事や、何かの記念に作る事でさらにスペシャル感が増すなどの効果があるようで、そこでデザインの中にはチームを象徴するロゴをあしらってみたり、メッセージを袖や胸元・背中などに転写や刺繍をするといったタイプが多くなっています。
中でもポロシャツの場合ブランドロゴのように左胸元にロゴを配置するのが人気なようで、ポケットがある場合はその上に、無い場合はアクセント的にデザインするパターンがさりげなくお洒落な雰囲気にもなりお勧めです。
さらにオリジナルで作る際は素材も自由に選べますし、キッズサイズからビッグサイズまで幅広く対応しているので自分にピッタリのポロシャツを着られるという利点もあります。

ポロシャツのオーダーのサイズの決め方

ポロシャツのオーダーのサイズの決め方 ポロ競技が発祥とされるウェアとしてポロシャツがあります。男性や女性、キッズ用として、現在、様々なデザインの商品が販売されており、より自分に合ったものが欲しい場合にはオーダーも広く利用されています。
ポロシャツをオーダーする場合、大切な要素として伸縮性がありますが、バランスよく着こなすためにはサイズに注意をする必要があります。サイズの決め方としては、大きく、着丈、身幅の2つがあり、まず、着丈に関しては身長によってサイズが異なってきます。バランス良く見える着丈としては腰と股下の中間程度があり、具体的には身長x0.42から-5㎝が着丈最大値、-10㎝が着丈最小値になります。例えば身長が168㎝であれば168x0.42=70.5になり、65.5㎝~60.5㎝の間が最もバランスの良い着丈になります。
オーダーでは身幅も重要な要素になります。身幅は横幅の長さを指し、大きくなればなるほど太く、逆に短くなればタイトに仕上がることになり、基本的なサイズとなる170㎝65㎏程度の人であれば46㎝程度が標準とされています。
因みに身幅は表と裏の長さを合わせたものが最大となり、ここでは92㎝が最大の長さになります。注意点としては体格があり、同じ体重・身長であっても筋肉の付き具合や腹回りのサイズが異なることがあります。そのために3~5㎝程度は余裕を持つ必要があり、少しサイズを大きくすることでジャストフィットのポロシャツに仕上げることができます。

おすすめポロシャツ作成関連リンク

スポーツやビジネスシーンに大活躍のオリジナルポロシャツが作れます。

ポロシャツ オーダー