オーダーポロシャツ大活用

ポロシャツを作成するときの素材選び

ポロシャツを作成するときの素材選び オリジナルのポロシャツを作る時、意外におろそかにしがちなのが素材選びです。せっかくオリジナルで作るなら、生地の素材にもこだわりたいところです。
一般的に、ポロシャツの生地は綿とポリエステルでできています。伸縮性に優れていて、オールシーズン使い回せる着心地のよさがポイントです。オリジナルで作る場合も、ベーシックなタイプでは綿とポリエステルが使われている場合が多いようです。
また、綿とポリエステルの組み合わせでも、吸汗性や速乾性などに優れた素材を使っているものもあります。綿とポリエステルの比率を変えることで、夏場でも着心地のよさが続くタイプです。
さらに、ドライ素材と呼ばれるメッシュ素材のポロシャツも最近は増えてきています。ポリエステル100%の素材を使って、吸汗性や速乾性、UVカット機能などを実現しています。既製品にも劣ることのない爽やかな着心地で、特に夏場に重宝する素材となっています。
オリジナルのポロシャツ、せっかくならいろいろな場面で活躍させたいもの。どんなシチュエーションで使うのかも考慮しながら、しっかりと素材選びをしたいところです。

オリジナルのポロシャツで選べる素材とは

オリジナルのポロシャツで選べる素材とは オリジナルのポロシャツで選べる素材は大きく分けて3種類の選択肢があります
まず、第一にコットンが挙げられます。コットンは肌触りは非常に良くて吸湿放湿にとても優れているため、ポロシャツの素材としては最も人気が高く、オフィスなどでの使用やカジュアルな服装としもて最適となっております。次にポリエステルが挙げられます。ポリエステルは強度が他の素材に比べると非常に高く、弾力性が強いため、生地にハリや艶が出るのが特徴的です。吸湿性は低く、すぐに乾く性質のためスポーツをする際に使用されることが多いです。また、シワになりにくく洗濯にも強いためコットンと混合されて使用されることもあります。最後にコットンとポリエステルの混紡繊維があります。これは先に挙げたコットンとポリエステルの良いとこどりをした性質となっており、吸湿、速乾、通気性、洗濯への強さといった複数の機能と特徴を持っています。混紡繊維はコットンと同様にオフィスやカジュアルな服装として使われます。